Top > 金融用語集 > 引受能力

引受能力

需要を満たすために利用可能な保険の供給量をいう。キャパシティは、リスクを引き受けるための保険業界の財務力によって決まる。個々の保険会社のキャパシティは、その財務状況に基づき引き受けることのできるリスクの最大量である。損害エクスポージャーに比して保険会社の自己資本が適切な水準であるかどうかは、ソルベンシーの重要な目安となる。
損害保険会社は、リスクを引き受けるために一定水準の資本と契約者剰余金を維持しなければならない。

この資本が、キャパシティといわれるものである。ワールドトレード・センターへのテロ攻撃後のように保険業界が大きな損失を被ったときは、キャパシティが減少する。キャパシティは、純利益の増加、順調な投資収益、再保険の買い増し、または増資によって回復させることができる。投資収益率が高いなどによってキャパシティが過剰なときには、保険会社同士が市場シェア競争を行うので、保険料は低下する傾向がある。保険料が下がるにつれて保険引受損失が増大して、キャパシティが減少し、保険会社は収益性拡大のために料率引き上げ、引受条件や限度額の厳格化を行なうであろう。キャパシティの測定基準として、契約者剰余金が使われる場合もある。

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

金融用語集

関連エントリー

特約条項 損害調査費 介護保険 限度額 賠償責任保険 ラダーリング 投資収益 インターネット賠償責任保険 インターネット保険会社 仲介 統合給付 全部保険 保険スコア 保険プール 保険 保険可能リスク 機関投資家 支払不能、破綻 インフレ対応条項 個人退職勘定 損害てん補 既発生損害 既発生未報告損害 支払保証基金 確定収益保証契約 団体保険 非純正自動車部品 詐欺 非純正自動車部品 詐欺 強制付保保険 包括動産保険 定額年金 火災保険 賠償資力法 金融保証保険 受託者責任 受託者保証証券 身元保証 フェデラル・ファンド 農場・牧場所有者保険 任意再保険 拡張担保 経費率 専属代理店 免責条項 職業賠償責任保険 株式 環境汚染賠償責任保険 免責期間 経済的損害 地震保険 既経過保険料 早期警報システム 配当金 会社役員賠償責任保険 直販制保険会社 ダイレクト販売 元受保険料 価値の減少 金融派生商品 規制緩和 預金金融機関 株式会社化 要求払い預金 確定拠出型年金制度 確定給付型年金制度 免責金額 告知事項 農産物雹害保険 信用生命保険 信用保険 信用補完 信用派生商品 クレジット 偶発賠償責任 包括車両カバー 完成作業責任カバー 苦情率 手数料 企業総合保険証券 車両保険衝突損害カバー 担保 共同負担 予算の再調整に関する総合包括法 公認生命保険士 公認フィナンシャルコンサルタント ケース・マネジメント 専属代理店 資本 引受能力 利益保険 盗難保険 ブローカー 債券格付け 債券/債務保証契約 対人賠償責任カバー 包括保険 保険契約仮引受証 ベーシス・ポイント バランスシート