Top > FP試験の前に > してはいけないこと

してはいけないこと

ファイナンシャルプランナー(FP)の試験に合格するために「するべきこと」もありますが、逆に「これはしてはいけない」ということもあります。

【試験前日、当日の知識の詰め込みはやめる】


試験前日・当日に、それまで新しい知識を詰め込もうとすることは、混乱するのみですので、やめましょう。本来は、前日や当日に「初めて学習する」という分野が出ないように、学習スケジュールを立てるのが良いのですが、どうしても「前日に、初めて学習する」「見たこともない用語を、初めて前日に目にした」という場合には、「一問くらい間違えたからといって、即合否に影響するわけではない」と考え、開き直りましょう。
前日や当日には、自分が持っている知識を確認し「これだけ学習したのだから、大丈夫だ」と、自信を深めるようにしましょう

【家族や友人と険悪にならない】


ファイナンシャルプランナー(FP)の試験を受けるのは、基本的には当人だけの問題ですので、「明日、試験だからイライラする」という理由で、周りの人に当たり散らす、といったことは、絶対にやめましょう。このことで、試験当日の朝、気持ち良く送り出してもらえなかったら、あるいは、試験中に家族・友人などのことが気になり、解答できなかったら、非常にもったいないです。

【水分は普段と同じように摂る】


「お手洗いに立つことを避けるため」などの理由で、試験前日や当日に、水分を取ることを控える人がいますが、ただでさえ緊張によってのどが乾きやすくなっている状況で、水分を取らないのは良くないです。お手洗いは試験前にすませることで対処できますので、普段通り水分を取りましょう。

pbi009-s.jpg

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FP試験の前に

関連エントリー

「合格ノート」の作成 してはいけないこと 試験当日に行うこと 出題傾向を参考にし過ぎない 昼食時間の過ごし方 勉強以外の準備をぬかりなく