Top > FP試験の前に > 昼食時間の過ごし方

昼食時間の過ごし方

ファイナンシャルプランナー(FP)の試験は、2級、3級とも、午前中に学科試験が行われ、昼食時間の後に実技試験が行われる、という流れです。

昼食時間とされている90分のうち数十分間は、試験室への入室を禁止される時間帯があります。それは、学科試験終了直後の数分間と、実技試験の前の準備時間(試験官が実技試験のための準備をするための時間)です。昼食自体は教室を開放してくれる試験会場が多いのですが(施設自体が飲食を禁止している場合もあるので、試験官の説明を聞いてください)、入室禁止の間は、受験生全員が試験室から出されますので、お手洗いも非常に混雑しますし、廊下に人があふれて、非常ににぎやかな感じになります。

3級FP技能士の学科試験は、120分すべての時間を使わなくても、解答が終わることも多いです。早く解答が終了したら、早く退席することができます。このシステムは多いに利用しましょう。解答が終了しているならば、試験室に長く残っていることに、あまり意味はありませんので、早く退出して実技試験への備えをしましょう。

お手洗いが非常に混む時間を避けていくと良いですし、飲み物が切れていてのどが乾くという場合も早めに確保しておきましょう。

してはいけないのは、「学科試験の答え合せ」です。実技試験のためにテキストや問題集、合格ノートを読んでいて、学科試験でおかしたミスに気付いたという場合は仕方ないですが、学科試験の解答は提出してしまって、もう今からどうこうのですから、答え合せをするよりも実技試験の出題形式を確認して、実技試験に備えましょう。

ILM14_AA02068.jpg

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FP試験の前に

関連エントリー

「合格ノート」の作成 してはいけないこと 試験当日に行うこと 出題傾向を参考にし過ぎない 昼食時間の過ごし方 勉強以外の準備をぬかりなく