Top > FP資格と技能検定について > 「ファイナンシャルプランナー1級」

「ファイナンシャルプランナー1級」

wok1077-s.jpg

1級ファイナンシャルプランニング技能検定試験は、厚生労働省所管の国家検定試験です。

1級ファイナンシャル・プランニング技能検定試験(以下、1級FP技能検定)は、2級・3級と違って、先に学科試験に合格した後に、実技試験を受ける形となります。

学科試験の受検資格として、次のいずれかを満たしていることが必要となります。

・2級FP技能検定合格後で、FP業務に関し、1年以上の実務経験を有する者
・5年以上の実務経験を有する者

学科試験には、基礎編と応用編があり、試験時間は150分ずつです。基礎編は、問題数50問、マークシート形式で4答択一式により解答します。応用編は、事例形式の問題が5題出題されますので、記述式により解答します。学科試験合格者には、実技試験の受検案内が送られます。

実技試験は、日本FP協会実施のものと、金融財政事情研究会実施のもので、出題形式に差があります。日本FP協会が実施する実技試験は、科目は「資産設計提案業務」で120分、事例形式の問題が2題出題され、記述式により解答します。100点満点で60点以上が、合格基準です。金融財政事情研究会が実施する実技試験は、科目は「個人資産相談業務」で、口頭試問により行われます。試験時間は半日程度、合格基準は200点満点で120点以上です。

受験料は、学科試験が8900円、実技試験は、日本FP協会実施のものは20000円、金財(きんざい)実施のものは25000円です.


 

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FP資格と技能検定について

関連エントリー

「ファイナンシャルプランニング技能検定 概要」 「金財(きんざい)と日本FP協会」 「日本FP協会の概要」 「日本FP協会の教育体系」 「AFP資格の概要」 「CFP資格の概要」 「ファイナンシャルプランナー1級」 「ファイナンシャルプランナー 2級」 「ファイナンシャルプランナー 3級」 「ファイナンシャルプランナー 試験日程」 「FP試験の難易度、合格率」 「FP試験受検申請について」 「資格更新、継続教育の実施」 「独学される方へ」