Top > FP資格と技能検定について > 「ファイナンシャルプランニング技能検定 概要」

「ファイナンシャルプランニング技能検定 概要」

wok1077-s.jpgファイナンシャルプランナー(FP)の資格は、民間資格としての誕生のほうが早く、1987年、日本FP協会が認定する民間資格として誕生しました。

2002年10月から、職業能力開発促進法に基づき、同法により認定される国家資格として、「ファイナンシャルプランニング技能士」検定試験が始まりました。

ファイナンシャルプランニング技能士資格には3級から1級まであり、試験を行うのは厚生労働大臣から指定を受けている「社団法人 金融財政事情研究会」「NPO法人 日本FP協会」の2機関です。3級は、「社団法人 金融財政事情研究会」のみが実施しています。

ファイナンシャルプランニング技能士になるために、3級の受験資格は「FP業務に従事している者または従事しようとしている者」ですので、誰でも受験ができます。これに対して、2級以上の受験には、一定の条件を満たしている必要があります。


例えば、2級受験には、次のいずれかの条件に該当する必要があります。

・FP技能検定3級の合格者
・FP業務に従事し2年以上の実務経験を有する者
・日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
・厚生労働大臣認定金融渉外技能審査3級の合格者

試験には、学科試験、実技試験があり、両方に合格する必要があります。しかし、一部合格者に対しての試験免除制度があり、合格したほうの試験は、受検日の翌々年度までは免除されますので、両方、同日に合格する必要はありません。  

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FP資格と技能検定について

関連エントリー

「ファイナンシャルプランニング技能検定 概要」 「金財(きんざい)と日本FP協会」 「日本FP協会の概要」 「日本FP協会の教育体系」 「AFP資格の概要」 「CFP資格の概要」 「ファイナンシャルプランナー1級」 「ファイナンシャルプランナー 2級」 「ファイナンシャルプランナー 3級」 「ファイナンシャルプランナー 試験日程」 「FP試験の難易度、合格率」 「FP試験受検申請について」 「資格更新、継続教育の実施」 「独学される方へ」