Top > FP試験合格 重要ポイント2 > 不動産・・・不動産に関する法令上の規制

不動産・・・不動産に関する法令上の規制

ファイナンシャルプランナー(FP)の試験では、「都市計画法」「建築基準法」などの法令に基づいての出題が、非常に多いです。

土地や家屋、土地を取り囲む道路の簡単な見取り図とともに、「道路幅が何m以上必要か」「接道義務違反はないか」などの問われ方もあります。

FP3級の場合には、都市計画法にもとづく「用途制限」の細かい定義については、あまり深い知識は問われないのですが、用途地域ごとに定められている「建ぺい率」を用いて、どのくらいの大きさの家が建てられるかを計算する問題は、多く出題されています。

18.gif

この分野の出題頻度が高いのは、「将来、自分の家を持ちたい」と考える顧客に、ファイナンシャルプランナー(FP)が「用意できる資金、借り入れられる資金はどのくらいか」「どのような家(大きさ、高さ)を建てたいか」「それは法律上、どの地域を選べば建てられるか」などの具体的なアドバイスができなければならないためなので、試験を受ける段階でしっかりと学習しておきましょう。

また、土地、建物は「親から相続する」「死別した夫、妻から相続する」というケースは非常に多いですし、物理的に分割して受け渡しをするということが不可能な資産でもありますので、様々な法律で調整が図られています。

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FP試験合格 重要ポイント2

関連エントリー

不動産・・・不動産に関する法令上の規制 不動産・・・不動産の有効活用 不動産・・・不動産の譲渡に係る税金 不動産・・・不動産の見方 相続・事業承継・・・贈与と法律、贈与と税金 相続・事業承継・・・相続と法律 相続・事業承継・・・相続と税金 金融資産運用・・・利回りの計算 金融資産運用・・・投資信託 金融資産運用・・・景気と金利 金融資産運用・・・セーフティネット