Top > FP試験合格 重要ポイント2 > 相続・事業承継・・・相続と法律

相続・事業承継・・・相続と法律

ファイナンシャルプランナー(FP)が相談を受けることの多い問題として、相続・事業承継の問題があります。これは、顧客が相続を受ける立場の場合もありますし、顧客が配偶者や子供に、相続をさせる立場の両方が考えられます。

相続の場合は、贈与と異なり、時期を選んで渡すということが難しいので、納税にあてる現金などが用意できない場合のために、延納や物納といった制度があります。贈与の場合は延納のみで物納は認められていません。延納や物納をしたい場合には、その申請を行う期限が設けられていますので、ファイナンシャルプランナー(FP)はその期限について知りましょう

21.gif

ファイナンシャルプランナー(FP)の試験では、驚くような家族構成を示す家系図が描かれている場合があります。親より子供のほうが早く亡くなるケースだけではなく、養子を多数とっていて実子もいる、離婚再婚が多いなどの複雑なケースです。これは、「相続」という制度について、正しい知識を持っているかどうかを試すために、様々な事情を、1枚の家系図につめ込んでいる、といえるでしょう。

22.gif

このような家系図をを見て、受験生は「誰の法定相続分について聞かれているのか?」を正しく判断し、「何分の1」という語群を選択して解答する、という形式が多いです。なれれば、正しく計算できるようになりますので、相続・事業承継の分野は、是非早めに学習しておいてください。

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FP試験合格 重要ポイント2

関連エントリー

不動産・・・不動産に関する法令上の規制 不動産・・・不動産の有効活用 不動産・・・不動産の譲渡に係る税金 不動産・・・不動産の見方 相続・事業承継・・・贈与と法律、贈与と税金 相続・事業承継・・・相続と法律 相続・事業承継・・・相続と税金 金融資産運用・・・利回りの計算 金融資産運用・・・投資信託 金融資産運用・・・景気と金利 金融資産運用・・・セーフティネット