Top > FP試験合格 重要ポイント2 > 金融資産運用・・・景気と金利

金融資産運用・・・景気と金利

ファイナンシャルプランナー(FP)は、実務上「手持ちの資金を増やしたい」という相談を受けることが多いです。実務では、「なぜ増やしたいのか?」を聞き「老後資金の確保」「家族の扶養」「事業のため」「住宅取得のため」などの様々な事情を考慮し、助言をします。例えば、住宅ローン、教育ローンの利用などです。

一方で、差し迫って資金が必要な事情はないけれど、「利殖」という目的で相談に来る顧客がいることも事実なので、その場合、ファイナンシャルプランナー(FP)は、金融資産運用の面からアドバイスができなければなりません。

ファイナンシャルプランナー(FP)の試験、2級、3級FP技能士試験では、「景気の上下と金利の動き」に関する問題は、必ずといっていいほど、出題されます。この関係が理解できていないファイナンシャルプランナー(FP)は、知識不足で実務に支障をきたしている可能性があるかもしれません。それほど大事な部分です。

10.gif

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FP試験合格 重要ポイント2

関連エントリー

不動産・・・不動産に関する法令上の規制 不動産・・・不動産の有効活用 不動産・・・不動産の譲渡に係る税金 不動産・・・不動産の見方 相続・事業承継・・・贈与と法律、贈与と税金 相続・事業承継・・・相続と法律 相続・事業承継・・・相続と税金 金融資産運用・・・利回りの計算 金融資産運用・・・投資信託 金融資産運用・・・景気と金利 金融資産運用・・・セーフティネット