Top > FP試験合格 重要ポイント > タックスプランニング・・・所得控除

タックスプランニング・・・所得控除

ファイナンシャルプランナー(FP)が、顧客に「もれ」のないようにアドバイスしなければならない、「所得控除」については、試験においても頻出する分野です。

所得控除とは、「納税者間の不公平さを解消する」という考えに基づいて設けられている、とおぼえれば良いでしょう。


例えば、同じ年収の人でも、一人暮しの人と、5,6人もの家族を養っている人とでは、生活必要経費や、負担する社会保険料も異なります。そのため、所得控除によって調整を行います。

所得控除には【物的控除】【人的控除】の2種類があり、全部で14種類の所得控除が設けられています。3級の試験で頻出している項目を中心に、その内容をみますと、

【物的控除】     雑損控除、医療費控除、小規模企業共済等掛金控除、生命保険料控除、損害保険料控除

【人的控除】     配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除

これを見れば、同じ年収の人でも「病気をして、非常に医療費がかかってしまった」という場合や、配偶者・子供を養っているという場合ほど、たくさんの所得控除を受けられることが分かります。また、2級では障害者控除や寡婦(夫)控除の出題もされています。

医療費控除の出題では、「治療代」「人間ドッグ」などの様々な例があげられ、「これは医療費控除の対象になるか?」という出題のされ方が多いですので、是非とも確認をしておきましょう。

また、寡婦(夫)控除や勤労学生控除などは、控除が受けられる条件とともに、「何万円の控除が受けられるか」ということを、押さえておきましょう。

ILM14_AA02068.jpg

 

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FP試験合格 重要ポイント

関連エントリー

タックスプランニング・・・所得控除 タックスプランニング・・・所得税の仕組み タックスプランニング・・・税額控除 タックスプランニング・・・損益通算 ライフプランニングと資金計画・・・実技試験において ライフプランニングと資金計画・・・住宅ローンなど ライフプランニングと資金計画・・・年金について リスク管理・・・生命保険 リスク管理・・・損害保険