Top > FP試験合格 重要ポイント > タックスプランニング・・・所得税の仕組み

タックスプランニング・・・所得税の仕組み

ファイナンシャルプランナー(FP)にとって、タックスプランニングの知識は非常に重要です。

特に「所得税」の知識は、我々が日常生活を送る上で、もっとも多くの場面で接する「税」です。例えば「相続・事業承継」の分野には、相続税・贈与税が関わりますが、日常的に相続問題が起こる、というものではありませんので、やはり日常的に接する「所得税」についての知識は、タックスプランニングのなかでも、最も大事といえるでしょう。

所得税の計算は、大まかには次のような流れで行います。

収入 - 経費(控除) =所得
所得 - 赤字部分(損益通算) = 総所得金額
総所得金額 - 所得控除 = 課税総所得金額
課税総所得金額 × 税率 = 算出税額
算出税額 - 税額控除 = 納付税額

このことから分かるように「収入」と「所得」という言葉には、大きな違いがあります。 「収入」と「所得」の違いを、常に意識して学習を進めるようにしてください。さらに「控除」にも様々な種類があり、「所得控除」「税額控除」の違いも、常に意識をするようにしましょう。

また「所得」も様々な分類がされていて、これらの計算方法を図で表すと、次のようになります。初めは完璧に覚えなくても結構ですが、「給与所得」「事業所得」・・・の各項目を学習するたびに、「今、どの部分の話題を学習しているのか」を確認するために、お役立てください。

 

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FP試験合格 重要ポイント

関連エントリー

タックスプランニング・・・所得控除 タックスプランニング・・・所得税の仕組み タックスプランニング・・・税額控除 タックスプランニング・・・損益通算 ライフプランニングと資金計画・・・実技試験において ライフプランニングと資金計画・・・住宅ローンなど ライフプランニングと資金計画・・・年金について リスク管理・・・生命保険 リスク管理・・・損害保険