Top > FP試験合格 重要ポイント > ライフプランニングと資金計画・・・実技試験において

ライフプランニングと資金計画・・・実技試験において

3級ファイナンシャルプランニング技能士の試験においては、ライフプランニングと資金計画の知識、考え方は、3級の実技試験で出題される事例形式の問題5題のすべてに関わる形で出題されています。

特に「退職所得」に関する話題は、出題頻度が高い傾向が続いています。「退職」は、多くの人が不安を抱えています。


退職金そのものの使い道も、趣味や余暇のために使ったり、住宅ローンの返済にあてたり、あるいは自宅のバリアフリー工事を施したい、という場合もあります。また、退職金にかかる税金とはどのくらいなのか分からない、銀行へ預けたり、投資信託を試したりするのに、どのくらいのリスクや利息が見込めるのか知りたい、という人もいます。

実技試験での出題も、このような様々な状況を抱えて、ファイナンシャルプランナー(FP)に相談にきた人に、どう答えるか、という形で出題されるケースが多いです。

実技試験における解答上のテクニックとして「先に設問を読む」ということが、有効となります。事例は文章で状況を説明して、「以下の問いの答えなさい」で終わることが多いです。解答に必要のない状況説明までなされていることも多いのです。先に設問を読み「何を問われるか」を知ってから、事例の説明文を読むことで、解答がしやすくなります。

事例を読まなくても、設問を読むだけで解答ができるというケースも、時々あります。このような場合、事例を読んでいて、時間がなくなり、設問に答えられなかったとなると、非常にもったいないです。
「先に、設問を読む。次に事例を読んで、解答する」という手順を心がけましょう。

ilm14_aa02064-s.jpg

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FP試験合格 重要ポイント

関連エントリー

タックスプランニング・・・所得控除 タックスプランニング・・・所得税の仕組み タックスプランニング・・・税額控除 タックスプランニング・・・損益通算 ライフプランニングと資金計画・・・実技試験において ライフプランニングと資金計画・・・住宅ローンなど ライフプランニングと資金計画・・・年金について リスク管理・・・生命保険 リスク管理・・・損害保険