Top > FP試験の計画 通学編 > 試験日を必ず確認する

試験日を必ず確認する

ファイナンシャルプランナー(FP)の講座、特に「初学者向け」とされているものには、主に次のものがあります。

1.3級ファイナンシャルプランニング技能士試験合格を目標とする講座
2.初めから2級受験を想定して、3級受験のスケジュールが組まれている講座
3.初めから2級受験しか想定していない講座

1.の場合は、3級FP技能士には「受験資格」の制限はなく、誰でも受験ができますので、学習スケジュールが多少狂った場合でも、問題は少ないのです。

ただ、2.と3.の場合は注意が必要です。


2級ファイナンシャルプラニング技能士試験の受験資格として「次のいずれかを満たすこと」とあります。


・AFP認定研修を修了していること
・3級FP技能検定に合格していること
・FP業務に2年以上従事していること

そのため、2.を受講していて、3級FP技能士試験に合格した場合はいいのですが、残念ながら3級に合格できなかった場合には、通学講座をきちんと修了して、受験資格を満たす状態を作らなければ、2級の受験ができない、という状況に陥る可能性があります。

通学講座は、独学や通信教育と違って、スケジュールの融通が利きにくいです。各講座とも「何月何日の試験を受験するためには、逆算して、何月何日から授業を開講しなければいけない」という計算を行って、開講しています。

もしも、現在お勤めの会社から資格取得を勧められている、就職するまでに資格を取得したい、などの場合には、「試験日がいつ、合格の日がいつ」という確認と「そのためには、どの講座を受講するべきか」という確認を事前にして、授業料が無駄にならないようにしましょう。

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FP試験の計画 通学編

関連エントリー

演習講座で高得点を取れなくても良い 講義・演習の割合を確認する 試験日を必ず確認する 通学時間は必ず考慮に入れる 得意分野の講義を受ける時期には注意する