Top > FP試験の計画 通学編 > 得意分野の講義を受ける時期には注意する

得意分野の講義を受ける時期には注意する

ファイナンシャルプランナー(FP)の試験で、問われる範囲は非常に広いです。そのため「すでに知識のある分野」「得意分野」の講義を受けるときほど、注意してください。

講義形式の授業が8回から10回程度予定されていますので、何度も受講をするうちに、気の緩みが生じます。気の緩みと「この分野なら知識があるから大丈夫」という思いが重なることは、講師の大事な話を聞き逃してしまうことに、つながります。

ファイナンシャルプランナー(FP)の通学講座を受講すると、例えば「叔父」「伯父」(叔母、叔母)という言葉の違いを認識するように呼びかけて下さる先生や、「学校で発行するテキストよりも、官公庁が発行するパンフレットのほうが、全体像をつかみやすいので、一度、役所へ行ってみてください」という話をしてくれる先生がいます。

このような、生のアドバイスを受けることができるのは、通学講座のメリットですので、「得意分野だから」と気を抜かないようにしましょう。

また、「知識がある」ということと、受験の場で解答できるためのテクニックということは、違う場合もあります。試験の場では、知識そのものの問題だけではなく、日本語の問題であるような「引っ掛け問題」というものが存在します。このような問題に対して、せっかく講師の有効なアドバイスが受けられるのに、受講生が聞き逃してしまうのは、非常にもったいないです。

「いつ頃に、得意分野の講義が行われるか」は、スクールの発行する講義案内を見れば分かります。その時期は特に、気の緩みに注意しましょう。

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FP試験の計画 通学編

関連エントリー

演習講座で高得点を取れなくても良い 講義・演習の割合を確認する 試験日を必ず確認する 通学時間は必ず考慮に入れる 得意分野の講義を受ける時期には注意する