Top > FP試験の計画 独学編 > 「相続・事業承継」を早めに学習しておく

「相続・事業承継」を早めに学習しておく

ファイナンシャルプランナー(FP)の試験範囲のうち、「相続・事業承継」の分野は、早めに学習しておくことをお勧めします。

3級ファイナンシャルプランニング技能士の試験では、各分野の関連を問うような応用問題よりも、「保険」なら保険、「金融」なら金融というように、各分野の基礎知識を問われることが多い のです。

その中でも特に、相続・事業承継の分野は、一般人の生活においては、「日常的に相続問題が起こる」「新聞で毎日のように話題になる」という分野ではありませんので、自分から学習機会を作らなければなりません。

また、他の分野が「所得税」に関連が深いのに比べて、「相続・事業承継」では「相続税」という、独特の税制に従うこととなりますので、タックスプランニングの知識がないという方でも、早い時期の学習が可能です。

特に、実技試験では、家系図を示されたり、土地家屋の見取り図を示されたり、図表を多用しての特徴的な出題が行われることが多い分野です。実技試験の出題方式にも慣れておく必要があります。しかし、ご自身で、「こうすれば、すばやく解答をできる」という解答法を早い時期に見つけさえすればれば、出題された際に、その解答法にしたがって解答すればよく、得点しやすい分野でもあります。

早めに学習し、得意分野としておくことをお勧めします。

 

ILM14_AA02061.jpg

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FP試験の計画 独学編

関連エントリー

「相続・事業承継」を早めに学習しておく 試験日を必ず確認する 受検申請と同時に、文具類、計算機を準備する 得意分野をまず、合格レベルに到達させる 未学習の分野は作らない