Top > FP試験の計画 独学編 > 受検申請と同時に、文具類、計算機を準備する

受検申請と同時に、文具類、計算機を準備する

ファイナンシャルプランナー(FP)の試験を、独学で受検する方にとって、試験日のおよそ2ヶ月~1ヶ月半前の受検申請受付期間は、「受検」を意識する大事なチャンスです。

独学の方ほど、試験申請の時期に、試験当日持参する文具類、計算機を揃えるようにしましょう。試験日まではその文具、計算機を使用して慣れておくことも大事です。

また、身分証明書(パスポート、運転免許証など)や写真を、試験当日に持参しなければならない場合や、写真票に貼り付ける写真を用意しておかなければならない場合もありますので、試験案内を確認し、該当する身分証明書や写真を用意しておきましょう。

独学の方にとっては受検申請によって、一度、「受検」への意識を高めたあとは、誰も「勉強しなさい」と指示してくれる人がいない、自分で気持ちを維持しなければならない、という大変さがあります。

通学講座、通信講座を利用している人は、受検申請の1ヶ月ほど前から、学習をはじめています。せっかく「受検申請」という機会があるのですから、独学の人も、この頃から学習ペースをあげて、受検のための勉強を始めると良いでしょう。

「まだ、何も手をつけていない」という方も、まだ時間はあります。何も手をつけていない方ほど、文具類、計算機、当日持参する身分証明書を揃える、ということから始めて、試験前に余計な心配をしなくて良い状況を作り、試験直前には学習に専念しましょう。

ILM14_AA02068.jpg

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FP試験の計画 独学編

関連エントリー

「相続・事業承継」を早めに学習しておく 試験日を必ず確認する 受検申請と同時に、文具類、計算機を準備する 得意分野をまず、合格レベルに到達させる 未学習の分野は作らない