Top > FP試験の計画 独学編 > 未学習の分野は作らない

未学習の分野は作らない

ファイナンシャルプランナー(FP)の試験では、6分野の試験が行われます。独学をする場合には、参考書、問題集の初めから順番に解いていく必要はありません。

一方で、時間がなくても、決して「未学習、一度もテキストを読んでいない」という分野は作らないことも大事です。

2級FP技能士・AFPの試験では、ある程度の理解が伴わなければ、解答できない問題も多いですが、3級ファイナンシャルプランニング技能士の試験は、基礎的な内容を問われるのみですし、○×式により解答をする、単純な内容の設問も多いです。このため、「知っている単語、略語、用語が多ければ多いほど、解答がたくさんできる」ということに繋がります。

例えば、「PBR」「PER」などの略語、「払済保険」「延長保険」などの日本語の意味だけからは、判断しづらい用語などは、一度でもテキストで読んだことがある、意味を考えたことがある、ということが、試験での得点に繋がります。

「全くテキストを読んだことがない」という分野は、作らないのが得策です。一分野につき一週間程度の学習時間が確保できると、学習は進みやすいですが、もっと少ない日数しか確保できなくても、未学習の分野は作らないで、一通り参考書を読み、問題を解いてみることは、非常に効果的です。

ILM14_AA02068.jpg

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FP試験の計画 独学編

関連エントリー

「相続・事業承継」を早めに学習しておく 試験日を必ず確認する 受検申請と同時に、文具類、計算機を準備する 得意分野をまず、合格レベルに到達させる 未学習の分野は作らない