Top > FPに必要な能力 > 「仕事」と割り切る能力

「仕事」と割り切る能力

ファイナンシャルプランナー(FP)のあつかう領域は非常に広いため、いくら勉強しても「勉強しすぎる」ということはありません。その分、常に「100%最新情報を盛り込んだ仕事をする」ということが無理な場合もあります。これは、顧客一人一人のファイナンシャルプランニングをする場合も、書籍などの執筆を行う場合にも言えます。「100%」の情報を盛り込まなければならない、と考えていると、いつまでたっても提出できない、ということに繋がりかねません。そこで、何らかの「区切り」を設ける能力が必要となるでしょう。

ファイナンシャルプランナー(FP)として、精一杯の仕事をした場合でも、顧客との相性の問題や、言葉の行き違いなどによって、顧客を怒らせたり、契約を破棄されてしまったりする場合も、ゼロではありません。

そのような場合に、「一軒の顧客を怒らせたからといって、自分の能力が全否定されたわけではない」という割り切りが必要な場合があります。さらに、そのショックを引きずったまま、別の顧客に応対し、さらなる失敗を重ねる、ということは避けなければなりません。

反省すべき点は反省すること、顧客に至らなかった点をお詫びするということは必要です。しかし、それを精一杯行った後は、その出来事を自分の中に「データ」として蓄積するにとどめるほうが良いです。いつまでも「ダメだ、ダメだ」と思いつづけ、次の仕事に支障をきたすようなことは、それこそプロとして失格なのです。

 


 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FPに必要な能力

関連エントリー

「仕事」と割り切る能力 パソコンを使う能力 コンプライアンス(法令遵守) ビジネスマナー 営業力 顧客の話を聞く・聞き出す能力 秘密厳守 時間厳守 常に勉強を続ける能力 数字に強いこと 顧客の影響を受けすぎない