Top > FPに必要な能力 > コンプライアンス(法令遵守)

コンプライアンス(法令遵守)

ファイナンシャルプランナー(FP)には、法令を遵守する精神が強く求められます

企業・金融機関での不祥事が続発する社会において、顧客は「自分の財産は守られるかどうか?」という不安を持っています。顧客は、ファイナンシャルプランナー(FP)に相談する過程で、家計の状況、資産状況、自身や家族のプライバシーを打ち明けることになります。

また、顧客は資産の有効活用ために、様々な手段のアドバイスを欲していますが、ファイナンシャルプランナー(FP)のアドバイスが「法令に違反するかもしれない」と顧客が不安を感じるような状況は、ファイナンシャルプランナー(FP)として絶対に避けなければなりません。逆に、顧客の考えが、コンプライアンスの精神に反するような場合には、はっきりとそれを告げられる存在でなければなりません。

ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事内容は、税理士や弁護士、社会保険労務士、投資顧問業者、保険募集人などの仕事と重なる分野もあります。このため、すでに税理士や社会保険労務士として活躍している人が、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得するケースも非常に多いのです。

一方で、これらの資格を持たないファイナンシャルプランナー(FP)が、例えば税務相談や法律相談を受けうけることや、有価証券なポートフォリオのプランニングを行うことなどはできません。ファイナンシャルプランナー(FP)にとって、人脈力が大事だといわれる理由はここにあり、税理士、弁護士、社会保険労務士などとのパイプラインを持っておくことは、必要不可欠と言えるでしょう。

 

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FPに必要な能力

関連エントリー

「仕事」と割り切る能力 パソコンを使う能力 コンプライアンス(法令遵守) ビジネスマナー 営業力 顧客の話を聞く・聞き出す能力 秘密厳守 時間厳守 常に勉強を続ける能力 数字に強いこと 顧客の影響を受けすぎない