Top > FPに必要な能力 > 営業力

営業力

ファイナンシャルプランナー(FP)にとって、営業力は非常に必要性の高い能力です。

「営業」という言葉から、「商品・サービスの売り込み」を真っ先にイメージする方が多いでしょう。挨拶回りをする、講演会を開く、あるいは人脈を頼る、様々な方法があります。資格を取得したばかり、特に独立開業したばかりのころは、ファイナンシャルプランニングの業務よりも、むしろこれらの、広報・宣伝活動に、多くの時間を割くことになるでしょう。

しかし、一つでも仕事を請け負うことになったら、その瞬間から最も大事なことは「請け負った仕事は、完璧にこなす」ということに変わります。顧客に「わざわざ、ファイナンシャルプランナー(FP)に頼んで良かった」と思われるということが、最大の「営業」なのです。


顧客が「知人にファイナンシャルプランナー(FP)がいる」「本当に頼んで良かった」と、さらに多くの人に話してくれることにつながります。逆に、たった一つでも「頼まないほうが良かった」と思われてしまったら、やはり悪評が一気に広まるのです。

ファイナンシャルプランナー(FP)仕事には、大掛かりなもの、時間や手間隙がかかるものもありますし、慣れてくれば短時間でできる仕事もあります。例えば、資本回収係数表など、一度手に入れた繰り返し使えるものも出てきますので、時間の短縮が図れる場合もあります。

しかし、顧客に満足を与えられるかどうか、という面から見ると、どのような仕事も「大事」であり、大小などない、いいかげんに取り組んで良い仕事など、ないのです。

「営業」とは本来、「利益をあげるために、事業を行うこと」という意味です。そのためには、「人に、サービス内容をアピールする」ことも必要です。しかし、ファイナンシャルプランナー(FP)にとって、もっと大事なものは、「顧客満足度の高い仕事を、きちんと続ける」という能力なのです。

 

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FPに必要な能力

関連エントリー

「仕事」と割り切る能力 パソコンを使う能力 コンプライアンス(法令遵守) ビジネスマナー 営業力 顧客の話を聞く・聞き出す能力 秘密厳守 時間厳守 常に勉強を続ける能力 数字に強いこと 顧客の影響を受けすぎない