Top > FPに必要な能力 > 秘密厳守

秘密厳守

口が堅いこと

ファイナンシャルプランナー(FP)は、顧客が家庭において抱える問題に触れることがあります。

ファイナンシャルプランニングというサービスの性格上、家族構成やその職業、結婚、就職、進学の予定などを聞き出さなければならない、ということに、その理由のひとつがあります。

例えば、介護の必要な方や、障害や疾病を抱えている方がいるご家庭もあります。そして、社会的な保障が十分に受けられていない、と感じる方ほど「私が働けなくなったら、あるいは私の死後には、家族の生活をどうした良いのだろう」と悩んで、ファイナンシャルプランナー(FP)に相談に来ることもあります。

そのような場合に、「この人になら、口が堅いので、安心して相談できる」ということが、顧客を安心させます。ファイナンシャルプランナー(FP)が、顧客の心配を少しでも減らすことができ、顧客の安心感が家庭の雰囲気をやわらかいものにすることに、つながります。

また、顧客がまだ家族に話していない内容や、家族に反対を受けているような内容に触れる場合があります。それは「将来は独立して、個人事業主になりたい」「息子が漫画家になりたがっているが、両親は反対の立場である」といった希望の場合です。

このような場合は、ファイナンシャルプランナー(FP)はその情報の取扱いに注意しなければなりません。家族間で秘密があまりない、ということが理想ではありますが、だからといって、ファイナンシャルプランナー(FP)が他人の家庭に踏み込んでも良い、ということにはなりませんので、注意しましょう。

 

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FPに必要な能力

関連エントリー

「仕事」と割り切る能力 パソコンを使う能力 コンプライアンス(法令遵守) ビジネスマナー 営業力 顧客の話を聞く・聞き出す能力 秘密厳守 時間厳守 常に勉強を続ける能力 数字に強いこと 顧客の影響を受けすぎない