Top > FPに必要な能力 > 時間厳守

時間厳守

ファイナンシャルプランナー(FP)は「顧客に会う」仕事です。時間を守るというのは当然のことですが顧客との信頼関係つくるのに大切なことです。

ファイナンシャルプランナー(FP)には、顧客に安心感を与えるために「会うと約束した時間は守る」という基本的なことが、非常に大事になります。特にはじめての顧客に会う場合には、どのような仕事をする人かが分からない顧客に、「時間をきちんと守ってくれる人」という印象を持ってもらうことは、非常に重要です。

講演会を行う場合にも、講演会場にはきちんと、時間を守って到着する、会場の設営は、開場前に済ませておく、といったことが、顧客になってくれるかもしれない人に、安心感を与えます。

例えば「時間も守れない人」という印象があると、その後すべてを「減点法」で見られることになります。どんなにすばらしい提案書が作成できた場合でも、その体裁、誤字脱字などを減点法で見られることになるのです。

また、仕事には納期があります。「いつまでに、何をする」という約束です。これを守れることも、ファイナンシャルプランナー(FP)にとっては大事です。「納期を守れない人に、自分の大事なお金の相談をして、大丈夫だろうか?」という不安を抱かせるようでは、ファイナンシャルプランナー(FP)として失格です。

書籍執筆、マニュアルのライティングなどを請け負っている場合にも、自分の能力を過信せず、「守ることのできる納期」を設定することが重要といえるでしょう。

 

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FPに必要な能力

関連エントリー

「仕事」と割り切る能力 パソコンを使う能力 コンプライアンス(法令遵守) ビジネスマナー 営業力 顧客の話を聞く・聞き出す能力 秘密厳守 時間厳守 常に勉強を続ける能力 数字に強いこと 顧客の影響を受けすぎない