Top > FPに必要な能力 > 常に勉強を続ける能力

常に勉強を続ける能力

ファイナンシャルプランナー(FP)の扱う領域は広いため、常に知識の充実を図るということが必要です。ここで注意したいのは、勉強するという能力ではなく、勉強を「続ける」という能力のほうが、より必要だということです。

学生時代、あるいは資格試験を受験する直前など、「試験前だけ勉強して、相当の成績をおさめることができた」という人ほど、「継続して勉強する」ということを意識しなければならない、と考えましょう。

たとえば、法規の改正などは「ある日まとめて改正する」ということではありませんので、「何か関連法規が改正されていないか、改正の予定はないか」を、特定の日ではなく、定期的に確認し勉強しなければなりません。

また、保険業界等では、毎日のように様々な特約が発売される状況にあり、保険募集人ですらも、状況を把握していない場合もあるほどです。ファイナンシャルプランナー(FP)は、生命保険、傷病保険だけではなく、損害保険、車両保険、盗難保険などのあらゆる知識が必要です。また保険だけではなく、金融、不動産・・・、と様々な分野を扱いますので、自分から勉強する姿勢を、常に持ちつづけていなければ、とても保険業界の変化に追いつけないでしょう。

 

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FPに必要な能力

関連エントリー

「仕事」と割り切る能力 パソコンを使う能力 コンプライアンス(法令遵守) ビジネスマナー 営業力 顧客の話を聞く・聞き出す能力 秘密厳守 時間厳守 常に勉強を続ける能力 数字に強いこと 顧客の影響を受けすぎない