Top > FP資格と技能検定について > 「CFP資格の概要」

「CFP資格の概要」

CFP資格(協会認定FP上級資格)は、1992年、日本ファイナンシャルプランナーズ協会(日本FP協会)とCFPボードの提携により、日本国内に導入された国際ライセンスです。

CFP資格は、

・ファイナンシャルプランナー(FP)として、高度な知識、技術を身につけていること、
・他のファイナンシャルプランナー(FP)の規範となることのできるような、確固たる職業倫理を身につけていると見とめられるファイナンシャルプランニング技能取得者に、与えられること

とされています。

CFP資格審査試験を受験するためには、20才以上であること、AFP資格取得後、AFP資格認定者として、1年以上の実務経験(会員在籍期間)を有することが必要です。

CFP資格審査試験は、2日間にわたって次の6課目についての試験を受け、合格しなければなりません。

・金融資産運用
・不動産運用設計
・ライフプランニング・リタイアメントプランニング
・リスクと保険
・タックスプランニング
・相続・事業承継設計

data_01.gif

合格後CFPを名乗り、活動するためには、日本FP協会の定める倫理規則遵守のサインをするということが必要です。

さらに、一定期間ごとに、資格の更新が必要で、日本FP協会の定める継続教育要件を満たしている場合にのみ、資格の更新ができます。

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FP資格と技能検定について

関連エントリー

「ファイナンシャルプランニング技能検定 概要」 「金財(きんざい)と日本FP協会」 「日本FP協会の概要」 「日本FP協会の教育体系」 「AFP資格の概要」 「CFP資格の概要」 「ファイナンシャルプランナー1級」 「ファイナンシャルプランナー 2級」 「ファイナンシャルプランナー 3級」 「ファイナンシャルプランナー 試験日程」 「FP試験の難易度、合格率」 「FP試験受検申請について」 「資格更新、継続教育の実施」 「独学される方へ」