Top > FP資格と技能検定について > 「AFP資格の概要」

「AFP資格の概要」

wok1077-s.jpgAFP資格(協会認定FP普通資格)は、NPO法人「日本ファイナンシャルプランナーズ協会」独自の国内ライセンスです。

AFP資格は、ファイナンシャルプランナー(FP)として、


・必要な基礎的知識(ライフプラン、金融、証券、保険・年金、ローン、不動産、税金などについて)を有すること
・顧客のニーズに対し、適切なアドバイスができること
・提案書の作成技術を有すること

などの要件を満たしたFP技能習得者に与えられます。

具体的には、AFP資格取得のためには、「日本FP協会認定の教育機関が、認定研修規定にそって開催するAFP認定研修を終了しなければならない」とされています。研修を修了し、国家資格である「2級ファイナンシャルプランニング技能士」試験に合格することで、日本FP協会に入会し、AFP資格認定会員として登録することができるようになります。

AFPを名乗り、活動するためには、


・日本FP協会に個人会員として入会すること
・日本FP協会が定める倫理規定厳守のサインをすること

などの要件を満たさなければなりません。

また、いったんAFPライセンスを与えられた場合でも、一定期間ごとに、継続教育を修了し、資格の更新を続けていくことが必要です。

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FP資格と技能検定について

関連エントリー

「ファイナンシャルプランニング技能検定 概要」 「金財(きんざい)と日本FP協会」 「日本FP協会の概要」 「日本FP協会の教育体系」 「AFP資格の概要」 「CFP資格の概要」 「ファイナンシャルプランナー1級」 「ファイナンシャルプランナー 2級」 「ファイナンシャルプランナー 3級」 「ファイナンシャルプランナー 試験日程」 「FP試験の難易度、合格率」 「FP試験受検申請について」 「資格更新、継続教育の実施」 「独学される方へ」