Top > FP資格と技能検定について > 「資格更新、継続教育の実施」

「資格更新、継続教育の実施」

wok1077-s.jpg日本では、金融ビッグバンの進行により、金融機関の提供するサービスは実に多様化しており、また、社会情勢に応じて、かなり速いサイクルでサービス内容が変化していくこともあります。

また、例えば生命保険について考えてみますと、特約の開発により保障内容が様々に変化するという状況もあり、さらに契約者、受給者の事情も、顧客ごとに異なり、非常に多岐にわたるという現状があります。

かつて、金融機関の「護送船団方式」がとられ、「横並び」の感が強かったのです。どこを見てもサービス内容に大差がないため、経済面での損得よりも、「近くの銀行」「知り合いのいる保険会社」を選ぶことに、利用者の主眼が置かれていました。

しかし、銀行の金利、生命保険料などが、会社によって異なるという現状においては、ファイナンシャルプランナー(FP)が、顧客に適切な助言を行うためには、日々の研鑚が求められます。

そこで、AFP、CFP資格ともに、認定を受けた者は、一定期間ごとに資格の更新を行うことが義務付けられています。資格を更新するためには、所定の継続教育を受けなければならないこととなっています。

AFP資格の継続教育について

【学習時間】 2年間で述べ15時間(15単位)

【受講方法】 協会認定教育機関、国や地方公共団体などの公的機関、その他協会が認めた機関において、これらの機関および日本FP協会が主催するプログラムを、自身の判断によって自主的に受講する

【報告義務】 資格更新に際しては、継続教育の記録を協会に報告しなければならない  

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FP資格と技能検定について

関連エントリー

「ファイナンシャルプランニング技能検定 概要」 「金財(きんざい)と日本FP協会」 「日本FP協会の概要」 「日本FP協会の教育体系」 「AFP資格の概要」 「CFP資格の概要」 「ファイナンシャルプランナー1級」 「ファイナンシャルプランナー 2級」 「ファイナンシャルプランナー 3級」 「ファイナンシャルプランナー 試験日程」 「FP試験の難易度、合格率」 「FP試験受検申請について」 「資格更新、継続教育の実施」 「独学される方へ」