Top > FP資格と技能検定について > 「独学される方へ」

「独学される方へ」

wok1077-s.jpgファイナンシャルプランナー(FP)の資格試験は、3級ファイナンシャルプランニング技能士検定試験ならば、誰でも受検することができます。3級FP技能士に合格すれば、2級ファイナンシャルプランニング技能士検定試験を受検することもできるようになります。

このため、資格スクール、受検予備校などに通って、17万円から18万円にもなる受講料を払わなくてもいいのではないか、独学も可能なのではないか、とお考えになるのも、無理はありません。

もちろん、独学にもメリットはあります。決まった時間にスクールに通えない、スクールが遠方にあるため、通学時間が負担になるなどの事情が重なると、通学して授業を受けることが困難となります。そのために、学習自体が嫌になってしまうというケースも見聞きしたことがあります。このような場合は、自身の手で参考書を用意し、独学することのほうがメリットが大きいでしょう。また、通信教育という手段もあります。

一方で、資格スクールや受検予備校に通うことは、メリットもあるのです。一番のメリットは、人脈作りができる、と言うことです。高い受講料を払って、「わざわざ」スクールに通う、という方は、それだけ真剣に受検に取り組んでいる方です。

また、講師として授業をされている方は、たいていは受検に合格して、ファイナンシャルプランナー(FP)として活躍されている方です。そのため、独立開業にあたり、どのようなことが必要だったか、苦労されたか、という話を、丁寧に聞かせてくれる方も多いのです。

独学や、通信講座の利用などで、「何とかなる」ところを、わざわざスクールに通うのですから、「教わる」「習う」といったつもりではなく、自ら「学ぶ」姿勢を持てば、人脈をはじめとする、貴重な財産がえられることでしょう。  

 

おすすめNo1!
【ユーキャン】ファイナンシャルプランナー合格講座

■スポンサードリンク

FP資格と技能検定について

関連エントリー

「ファイナンシャルプランニング技能検定 概要」 「金財(きんざい)と日本FP協会」 「日本FP協会の概要」 「日本FP協会の教育体系」 「AFP資格の概要」 「CFP資格の概要」 「ファイナンシャルプランナー1級」 「ファイナンシャルプランナー 2級」 「ファイナンシャルプランナー 3級」 「ファイナンシャルプランナー 試験日程」 「FP試験の難易度、合格率」 「FP試験受検申請について」 「資格更新、継続教育の実施」 「独学される方へ」